2022/05/10

Suiren

類家心平さん、中嶋錠二さんのお二人が、私の作曲したSuiren (Sometime with a Water Lily)を取り上げ、録音してくれました。

一度や二度ではなく、たくさん演奏して磨かれてきたのが伝わってきました。
解釈に新しい光が当たり、感謝しています。

2022年5月COREPORTよりリリースとのこと

 

Ruike Shinpei & Nakajima George Duo recorded Suiren (Sometime with a Water Lily) composed by me.

Their performance tells me that they played the song over and over again.
Thanks for fresh interpretation on my song.

2022/04/20

Isabel Muñoz & Min Tanaka "Untitled" sound by Marihiko Hara

Played flute, clarinet and saxophone at
@marihikohara recording for video work by Isabel Muñoz & Min Tanaka.
KYOTOGRAPHIE 2022

#京都国際写真祭 で展示中のイザベル・ムニョスx田中泯(音楽:原摩利彦)に、フルート、クラリネット、サクソフォンの演奏・録音で参加しています。

原摩利彦さんの持続音を多用した音と、水中の舞踏が素晴らしい世界を作っています👍

2022/04/12

井上ハルカ Haruka Inoue - SONATE

 

 
井上ハルカさんの現代音楽の解釈、リリカルな演奏、本当に素晴らしかった。

DPAマルチマイクの癖が色濃く、サクソフォンではなくマイクのエッジが残っていた。

吉松隆「ファジーバード・ソナタ」をこんなふうに解釈して吹くことが可能なのか。

心から尊敬します。

 

I was really impressed by Haruka Inoue's interpretation of contemporary music and lyrical playing.

Some edges on saxophone were because of DPA microphones, not saxophone itself.

Brilliant technique and interpretation of famous Yoshimatsu "Fuzzy Bird Sonata".

2022/03/02

Memories of Russia

何年も前、ロシアに着いてケースを開けるとサクソフォンが壊れていた。
現地のスタッフが直そうと試みてくれたが叶わず、終にはどこかからヤマハの安いサクソフォンを借りてきてくれて、本番ではそれを吹かせてもらった。
行政とはタフな交渉もあったが、現地・現場の方々には親切にしてもらったことが記憶に残っている。
いつの世も権力者の争いで、多くの命が失われる。それはウクライナの人々もロシアの末端兵士も同様だ。

Years ago, when I arrived at Russia, I found my saxophone broken.
Russian staff tried to repair but they couldn't.
Finally some of them borrowed a saxophone --Yamaha student model-- from somewhere and I could play it at the show.
Though there were some tough negotiations with Russian government, I remember the kindness of Russian people.
Always a lot of people --Ukrainian people or Russian foot soldiers-- are killed at conflicts caused by dictators.

海上には軍艦・潜水艦が浮かんでいた。

 

2022/02/14

2楽章で、時にオーケストラプレイヤーの先回りをして、時に後からついて行く姿は、いたずらっ子のようであり、母親のようでもあった。
尋常ならざるタイム感がこういう表現に繋がるのかと、素晴らしすぎてため息が出る。

2022/02/03

Mami Oonishi Recording - Woodwind Quartet

 Happy to see her and record as a member of woodwind quartet, even though covid-19 disaster.
 

2022/01/28

家森幸男先生の教えにより、今までは日が経っても栄養の損なわれにくい根菜を多くとるようにしてきましたが、昨年直売所が多い地区へ越したのを機に、葉野菜も買うことが増えてきました。


 

2022/01/03

2021.12.26 YOCO-鳳陽- + ARAKI Shin

東京ではコロナ禍が小康状態ということで、間隙を縫って何とか共演が実現しました。

二年の中断を余儀なくされていた後で、本当に嬉しいひと時でした。

full movie:
https://youtu.be/sgK-tsABcJ4
"2021.12.26 YOCO-鳳陽- + ARAKI Shin"